全商品9月30日迄送料無料!

B.Aのパウダリーとクリームの違いはなんですか?

POLAのB.Aブランドには「パウダリィバームファンデーションM」のようにバームと名づけられた製品があります。

 

しっとりとした濃厚なテクスチャで乾燥肌にとくに適したタイプなのですが、そうなるとクリームと何が違うのか、という疑問も出てきます。

バームは半固形で塗りすい

ポーラ口コミ効果BAバーム

これはバームとクリームの違いでもあるだけにファンデーション選び全般においても大きな意味を持ってくるでしょう。

 

バームとは簡単に言うと「軟膏」のことで、油分を半固形の状態にしたうえで肌に塗付しやすい状態にしたものです。

 

油分が多めなのでクリームに比べてとテクスチャがやや重め、よりしっとりとした使い心地になっているのが特徴です。

 

また、塗付する際には重めですが、肌になじませていくにつれてとろみのあるオイル状になっていくので肌になじませやすいメリットも備えています。

 

さらにB.Aの「パウダリーバームファンデーション」ではこのバームタイプを基本にしつつ、肌になじんだ後にパウダー状に変化する仕組みになっています。

ムラなく薄く塗布できるのがメリット

B.A パウダリィバームファンデーション


この点こそB.Aのパウダリィの最大のメリットといってもよいでしょう。

 

クリームに比べて油分が多い分保湿力に優れている一方で、肌になじませていくにつれてやわらかいオイル状になるので伸びがよくムラなく塗付していきやすくなります。

 

クリームの場合、テクスチャが厚め・固めな面があるため伸びが悪く、全体にムラなく伸ばしていくのが難しい面もあります。

 

薄付けでナチュラル感を演出したい場合にはあまり向いていませんし、慣れないと全体が不自然な印象になってしまう面もあります。

 

こうしたクリームの欠点を解消したうえでクリームと同じように指で肌をこすることなくうまく塗付していくことができるわけです。

 

しかも肌の表面でパウダー上に変化することで自然に仕上げやすいだけでなく毛穴や小じわなど肌の凹凸にうまくフィットして全体をフラットにならす効果も期待できます。

パウダーとクリーム両タイプのいいとこどり

60代ファンデーションCC合わない人

パウダータイプの特徴を備えつつ、より優れたカバー力が期待できるわけです。

 

クリームタイプとパウダータイプのよいところだけを兼ね備えたような部分があるのです。

 

毛穴、シワなどの凹凸をカバーしつつ肌の艶を引き出したい。そんな贅沢な願望にも応えてくれるのがB.Aのパウダリィです。

 

一方クリームは保湿力に優れているのでとにかく乾燥を何とかしたい、しっとり感と肌を包み込む感触がほしいという方はクリームの方が適している面もあります。

 

このあたりは肌の状態や使い心地の好みも踏まえたうえで選んでみるとよいでしょう。

ポーラお試し